レーザー機器の種類

笑顔

ほくろ除去施術を受けることによって多くのメリットを得ることが出来ます。そのメリットには、美容面で綺麗な肌に仕上げることが第一に挙げられるでしょう。ほくろは、一度肌の表面上に生じると自然に消えることはありません。皮膚科や美容外科では、年々高まる施術力で、綺麗にほくろを取り除くことが出来ます。その施術にはレーザーが用いられます。ほくろ除去が出来るレーザーが誕生する前は、ほくろがある箇所をメスで切開する方法が適用されていました。担当医の施術力によっては、肌の表面上に傷跡が残ることもあったでしょう。しかし、レーザーは、メスによる傷跡の心配もなく、ほくろのみを綺麗に取り除くことが出来るというメリットがあります。また、レーザーを照射するだけの施術法となるので、要する時間がとても短いものです。美容整形施術とは言っても、大掛かりな施術法ではないので身構える必要もありません。

ほくろ除去施術に用いられるレーザー機器にはいくつかの種類があります。その中には、炭酸ガスレーザー機器、エルビウムレーザー機器、ダイオードレーザー機器などがあるでしょう。それぞれ、痛みが小さかったり、肌の奥底まで届いたりと、綺麗にほくろを取り除くことが出来るメリットがあります。人によって、ほくろの濃さや大きさや、またイボのように膨らんでいるかなど違いがあるので、それぞれのほくろを取り除くに適しているレーザー機器を選ぶ必要があります。ほくろ除去をする前には、利用する美容外科や皮膚科が掲載している、過去の利用者に施術を行った際の症例写真をチェックするといいでしょう。ほくろが綺麗に取り除かれている様子や周囲の肌への影響を、しっかりと自分の目で確認することが出来ます。利用するところを決める際に、大きな判断材料となるものです。

今では多くの美容外科や皮膚科で最新のレーザー機器を取り扱っているものです。レーザー機器を用いての施術を受けた後には、より綺麗な仕上がりにする為、アフターケアを入念に行う必要があります。まずレーザーを照射した箇所には、紫外線を一切当てないことが重要です。レーザーを照射した箇所はデリケートになっているので、紫外線が当たることによって大きな刺激となるのです。レーザー治療の後には保護テープが貼られ、数日間貼り続けることが必要になるでしょう。一度に複数のほくろ除去を行うと、その分の保護テープが貼られることになるので、人によっては何度かに分けて施術を受けています。

TOP