複数あるほくろ除去

頬に指差す

自分のコンプレックスとなるほくろを綺麗に除去する為には、ほくろ除去を行っているところへ相談をしましょう。イボのように膨らんでいるほくろで、サイズが大きいものは手術で、メスを用いて切除する必要がありますが、それ以外のほくろのほとんどが、レーザー機器で解決することが出来ます。顔一つだけで複数のほくろが生じてしまい、全てのほくろ除去をしようと考えている場合は、担当医にダウンタイムの過ごし方などを相談するようにしましょう。レーザー機器によるほくろ除去施術というのは、施術時間だけをみるとものの数分で終わりますが、そのダウンタイムは長くて1ヶ月ほど要するものです。レーザーを当てた箇所はデリケートな状態になっていて、ほくろの種類によってはレーザー照射後、しばらく赤みを帯びたまま凹んでしまいます。その凹みが徐々に復活をして、赤みが薄まった頃には、ほくろとしての黒い点も無くなっているでしょう。

レーザー照射をした箇所には、紫外線が当たらないように保護テープが貼られます。また、赤みを帯びる為、室内であってもそれを隠すように保護テープを貼り続ける人もいるでしょう。施術を受ける前の、ほくろの濃さによっても赤みがひいていくスピードは異なります。濃い黒色をしているほくろほど、赤みがひいていくスピードが遅いと言われています。顔に複数あるほくろの全てを除去したいということであれば、一度に施術を行うよりも、色の薄いほくろから少しずつ行っていくといいでしょう。また、レーザーが照射された箇所は乾燥しやすい為に、皮膚科でも美容外科でも、一度に複数のほくろ除去施術を受けることは推奨されていません。

ほくろ除去に掛かる料金は、保険が適用される場合、1つで2,000円前後となります。適用されない場合は、1万円近く掛かることもあるでしょう。健康保険が適用されやすい施術にはなりますが、適用されるかどうかの違いは、生活に支障があるかないかが判断基準となるでしょう。ほくろ除去に充てることが出来る予算に限りがあるのであれば、複数の皮膚科に相談をするといいでしょう。病院によってほくろ除去に掛かる料金というのはピンキリです。どの皮膚科でも、効果の高いレーザー機器が取り扱われているので、施術には大きな差が生じないでしょう。施術に掛かる料金や丁寧な対応力を備えているかどうかで、利用するところを選ぶ利用者も多くいます。インターネットを活用して選ぶ際には、対応力の良さなどを口コミ情報などで量るといいでしょう。丁寧なケアを行っている皮膚科などは、口コミ情報サイトでも高い評価を受けているものです。

TOP